INTERVIEW

社員紹介

03

エンジニア

Kota Yoshitani

吉谷宏太

立命館大学卒業後、新卒で大手ERPパッケージベンダーに入社し、人事系パッケージシステムの開発に従事。 その後、前職のメンターであった小山の誘いでミナカラに参画。 ミナカラ入社後はネット医療サービス「ミナカラ」やお薬の宅配サービス「おくすり宅配」の企画・開発・運用を担当。

Q.1 ミナカラに入社した理由

興奮できる仕事を自分で生み出せる環境がミナカラにはある

正直、入社当時は医療に全く興味はありませんでした。 むしろ周りに医療関係者が多かったせいか、誘いを受けるまでは医療関係の仕事には絶対関わりたくないと思っていました。笑 そんな私がミナカラを選んだ理由は、「興奮できる仕事を自分で生み出せる環境がミナカラにはある」と思ったからです。 前職では「仕事の報酬は仕事」という文化があったため、興奮するような仕事をもらうために、部署No.1の実績を達成しました。 しかし、その後に任された仕事は今までと全く同じ内容で失望してしまいました。
そんなときに、現取締役の小山からミナカラの話を聞き、ミナカラの実現したい未来を達成するにはまだまだ超えないといけないハードルが大量にあることやミナカラの社風として「失敗を許容する文化」があることを踏まえ、失敗を恐れず新しいハードルに何度も挑戦できる環境だ(=めっちゃ興奮するフィールドだ!)と考え、入社を決意しました。 でも、最近思うことは前職でも積極的に仕事を作りに行けば、興奮するフィールドだったのではないかと反省しています。笑

Q.2 ミナカラでやっている仕事の内容、やりがい、醍醐味

自ら先頭きってサービスを生み出し、必要なことならなんでも取り組む

ミナカラは自分で熱量をもって取り組みたいと思ったことに挑戦できる環境です。「俺はこれをやりたい!」と思ったことはガンガン進めていけるんです。比較的自由に挑戦させてもらえるし、きちんと結果を出せばそれが評価されます。 例えば、おくすり宅配の運用をしている中で、お薬の注文の確認に見落としがあったり、配達の状況が薬剤師間で共有できていなかったり、すごく非効率な場面がたくさんあったんですね。それで、これってシステムで解決できるじゃん、と思って自分でDMSというシステムを作りました。 そしたら周囲からもちゃんと認められて実際にDMSが社内で使用されるようになりました。単にシステムを作って終わりではなくて、薬剤師がきちんと運用できるようにフォローもしていますし、薬剤師の現場の声を聞いてメンテナンスや改善も繰り返しています。 DMSやおくすり宅配に関しては、自分が育て上げたサービスだっていう自負があります笑 自分で率先してアポをとっておくすり宅配ユーザーに会いに行ったりもしました。サービスユーザーに時間をいただいてお話を伺いに行くというのはそれまであまりミナカラの中で行われてはいなかったんですが、良いサービスを作るためには必要だと思って企画しました。
初対面の人と話すのは実はあまり得意ではなくて、直前までは割と緊張しているんですが笑、いざヒアリングをするとやって良かったなと毎回思います。 実際にサービスを使っている人に会うことで、何が求められているのか気づきがたくさんあるからです。 必要だからやってみたい、と思ったことはなんでもまずはトライしています。 もちろん自分一人だけではなくて賛同してくれる仲間を巻き込んでみんなの力で成し遂げていることもたくさんあります。 ミナカラはメンバー各自がオーナーシップを持って仕事に取り組むことが求められているんです。

Q.3 ミナカラで成し遂げたいこと

30歳までに上場できる規模まで会社を成長させ、リモートワーク環境を整えたい

ミナカラ全体の目標としては、ユーザーの医療体験を劇的に変えるや生活インフラになるなどがありますが、個人の近い目標として30歳までに九州に帰ることを掲げています。 (この目標は既に社員全員にもコミットしています。) 九州に帰ってからの選択肢として、「転職」や「フリーランス」、「起業」などがありますが、まずはミナカラに在籍し、リモートで働きたいと考えています。 理由はミナカラが好きだからです。笑
リモートワークを許容できるほどの余裕を会社に持たせるためにも、30歳までに上場できる規模まで会社を成長させ、その後に、リモートワーク環境を整えたいと考えています。 (もちろん、会社に必要とされることが前提ですが・・・笑)