INTERVIEW

社員紹介

04

薬剤師

Tomohiko Sato

佐藤友彦

慶應義塾大学薬学部を卒業後、大手調剤薬局2社で管理薬剤師として従事し、通常薬剤師業務に加え介護施設・個人在宅など幅広く業務経験を積みミナカラに参画。 ミナカラでは薬剤師として薬局業務の他、Q&Aサービスの回答、メディアコンテンツの監修などを担当。

Q.1 ミナカラに入社した理由

インターネットを活用することで薬剤師としての活躍の場が広がる

私は、大学卒業からミナカラに入社するまで、大手調剤薬局で外来患者様の対応といった調剤業務をメインで担当していました。 新人の頃は診療科ごとに薬の知識の吸収や服薬指導の方法を学びました。後に管理薬剤師になり在宅業務や介護施設の担当と仕事の領域が広がるにつれ、求められるスキルもおのずと高まり、実戦とともに経験を積むことで薬剤師として成長を実感でき、充実していました。 ただ、このままずっと現状の業務を続けているだけで医療従事者として更なる成長ができるのだろうかと悩むようになりました。 そして何か他に薬剤師が活躍できるような場はないのだろうかと思っているところ、ヘルスケアスタイルラボラトリー(現在のミナカラ)という会社と出会い、代表の喜納と話し、ミナカラがやっている事業内容を詳しく聞きました。
そこでインターネットを通じて薬剤師が活躍している姿や、患者様の悩みを解決している姿を目撃しました。 今までリアルな現場で患者様に接することしかしてこなかった私からすると、場所や時間を問わず患者様の役に立つことができるインターネットの力に感銘を受けました。 また、会社自体が創業間もない時期に参画できる点も魅力に感じ、コアメンバーとして新たなサービスを創れる、薬剤師として患者/ユーザーに一番近いところで関われると感じ入社を決意しました。 また、ミナカラは薬局も持っていて、自分が今までの薬局での勤務経験をいかした通常の薬局業務もができることも大きな決め手となりました。

Q.2 ミナカラでやっている仕事の内容、やりがい、醍醐味

従来の薬剤師ではなかなか経験のできない、講演会やサービスづくり

普段は調剤薬局にて介護施設の患者様の薬の調剤業務や、外来の患者様・おくすり宅配などの薬剤師業務を主に行っております。そのほかにもQ&Aサービスの回答や薬剤師としての知見を活かして記事の作成・薬剤師監修業務などを担当しています。 現在ミナカラでは3つの介護施設を担当しています。これらの施設は弊社営業担当と一緒に自らの足で営業活動をして担当させていただくことになった施設です。 数十もの介護施設さんに対して現在の困りごとを聞いたり、その課題に対してミナカラではどのように課題解決をし、介護施設担当者様や入居者様のお役に立てるかを考え抜いた結果、ようやく担当させていただけることになりました。 実際に入居者様のお薬の調剤をしたり、施設までお届けする際はとても感慨深いものがあります。 また最近では介護施設やママコミュニティでの薬に関する講演会なども実施させてもらう機会も増えてきました。 嬉しいことに自分たちのやっている活動が評価され、薬剤師としての知識や経験を説明する/普及する貴重な機会です。
講演用の資料を作成したり、当日の講演内容を検討する中で、今まで薬剤師として積み上げてきた知識や経験を、聞き手にとって分かりやすく整理し表現することの大切さと難しさを痛感しています。 講演参加者の皆様から「役に立つお話が聞けた」といったお声を頂いたり、熱心にメモを取られている様子を目の当たりにした時は本当に嬉しいですし、薬剤師として人の役に立てていると実感する瞬間です。 また、自分が監修したコンテンツや薬剤師ならではのアイデアを盛り込んで発信した情報は、多くの方々に読んでいただいています。 単純に薬局で働いていては人数に限度のある情報提供しかできなかった反面、それがインターネットを介して時間や場所にとらわれずより多くの方々に届けられる点はミナカラに携わっているが故に経験できた達成感だったりします。

Q.3 ミナカラで成し遂げたいこと

体調不良の際、一番最初に頭に浮かぶ存在に

現状の医療サービスは、具合が悪くなったら病院へ行き医師に診てもらい目の前の薬局で薬をもらうという内容が主流となっています。 このような習慣が長年変わっておらず、病院も薬局も基本的には患者様をただ待っている受け身な医療提供しかできていないと感じています。 また、患者様もそういった習慣に対して疑問を感じず、医療従事者の言われるがままに医療サービスを受け、「ここが変わったらもっと便利なのに」といった発想がし辛い仕組みとなっていると思います。 その古い習慣をミナカラが先駆者になり少しずつでも変えていければと考えています。 いつでもどこでもアクセスができ、医療や薬の情報を取得できる。最適な薬が見つかり、納得して購入しどこにいても薬を受け取ることができる世の中になれば素晴らしいと思いませんか。
また、日本には薬剤師資格を持っている方が約30万人もいるのに、資格を活用した仕事に就いていない人が約5万人もいます。医療や薬の知識を豊富に持った人たちがこんなにたくさんいるのに、その能力を有効活用できていない現状があります。 一般の患者様からの薬の飲み合わせや飲み忘れたときの対処法などの質問に答えたり、ミナカラを通して薬剤師の資格を持っている人たちが活躍できる場をどんどん作りだし、薬剤師の価値自体がもっと高まってほしいとも思っています。 皆さんは体調不良時に医療や薬のことをまず誰に相談しますか? 医者?薬剤師?家族?誰にも相談しない? そんなときに一番最初に思い出してもらえる存在が薬剤師であり、ミナカラであり、私であれるようになってほしいと願っています。 そうなれるようミナカラ薬剤師の顔としてこれからも多くの患者様の悩みや不安を解決していきたいと考えております。